読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うちの母ちゃんが体験した怖い話。短いの3連発」

 

今回はうちの母ちゃんの話。

母ちゃんの実家は、このブログの怖い話にちょくちょく出てくる霊感一家です。

蛇にとり憑かれた話はこちら。

foofighter.hatenablog.com

私が生首を見たのもこの家。話はこちら。 

foofighter.hatenablog.com

婆ちゃんの葬式で起きた怪現象はこちら。

foofighter.hatenablog.com

こんな実家で育った母ちゃんなので、ちょいちょい変な体験をしています。

そんな母ちゃん。

最近だと↑の婆ちゃんの葬式での話なんですが、

婆ちゃんとの最後の別れで、棺に釘を打つときでした。

とんでもない頭痛に襲われ、「これは脳溢血とか脳梗塞とかくも膜下とか、絶対ヤバい病気だ!」と思ったそうです。

しかし、目の前で棺の扉が閉められ、今まさに火葬場へと運ばれる、そんなときに病院に行くわけにもいきません。

頭痛のピークは母ちゃんが棺に釘を打ってる最中でした。

 

後日、大きな病院で検査するも、異常なし。

母ちゃんは、婆ちゃんが自分を怒っていたんじゃないかと落ち込んでました。

婆ちゃんの怒りが頭痛の原因なんじゃないかと。

「んなわけねーべ。あんなに病院に通って面倒見たんだから怒ってるわけねーべ」と諭しましたがね。

 

そんな母ちゃん。

そんな母ちゃんは、小さい頃にも人魂を見ています。

昔のトイレは外にあって、夜中にしたくなったら外に出なきゃいけませんでした。

中学生だった母ちゃんが夜中に外に出ると、隣の家の上空に大きなお月様がありました。

とても大きな。

「凄いな~」と思ったそうです。

翌日、隣の家の爺さんが夜中に亡くなっていたことを知りました。

「今考えたら、あのお月様は人魂だったんじゃないかなぁ」と母ちゃんは言いました。

 

そんな母ちゃん。

そんな母ちゃんの妹は演歌歌手みたいな美人です。

その妹と一緒の体験した怖い話があります。

まだ二人とも若い頃です。

お盆にお墓参りを済ませ、お寺から出た瞬間です。ドスンと肩が重くなりました。

歩くのもしんどいくらいの重さで、怖くて後ろを振り向けなかったそうです。

しかし、それを今言ってしまうと妹を怖がらせてしまう。

恐怖を必死に隠して家に戻りました。

家の門をくぐった瞬間、肩の重みがフッと消えたんです。

「は~よかった~。実はさ~」

と、お互いが話し始め、お互いが驚きました。

妹も同じ体験をしていたんです。

姉を怖がらせないよう必死だったそうです。

2人の肩に乗ったのは、早くに亡くなった父親だったんじゃないかと話していました。

 

母ちゃんの怖い話、どうでした?

幽霊出てきませんでしたね・・・。

フフフ。


にほんブログ村