読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「暗闇の中で部屋の電気をつけようと壁のスイッチを探している2~3秒の間の怖い話」

怖い話

本日は前の職場の協さんの話。

協さんは新人の自分の教育係でした。

最初の1年は常に協さんの後ろをついて回り、たくさんのことを学ばせてもらいました。

綺麗なお客さんや露出が激しいお客さんが来店すると、すぐに内線で他の社員と情報を共有し、そのお客さんに近づいて

「ぺぇぇ~。ぺぇぇ~。」

と、興奮して「いらっしゃいませ」が言えなくなっていました。

興奮が最高潮に達すると、お客さんを商品棚から覗き、

「お嬢さん、わたくしにオパンティをくれませんかね」

と、ダンディな変態が登場し、もっと興奮すると

「お嬢さん、わたくしにオパンティくだちゃい」

と、ダンディな変態な赤ちゃんに変身するのでした。

また、バイトの可愛いMちゃんや、他のテナントの可愛いSさんがトイレに入ると、ペンギン歩きで荷物にガンガンぶつかりながらトイレに近づき、ドアノブの鍵穴を自分のナニで開けようとしていました。

そのたびに私は爆笑し、他の社員からお前らウルセーと注意されていました。

その中でも一番爆笑したのはジョジョネタです。

駐車場の看板を地面に固定しようと夜遅くに社員4~5人で作業していたんですが、ドリルで地面に穴をあける際に小石が飛んできたんです。

協さんはとっさに仰向けで寝っころがり、足の裏をドリルの方向へ向けました。

タルカスが剣で岩を叩いて飛ばし、それをツェペリさんがダメージを最小限に抑えるために足の裏で攻撃を受けたポーズをやったのです。

f:id:nonryo:20161206084349j:plain

夜中に響き渡る私の笑い声。

「ウルセーぞ!」と怒るTさん。

満足そうな協さん。

協さんも怒られたので、

「うえ~ん!!あんまりだよ~!!・・・・・オレはカーズやワムゥと比べると~」

エシディシが号泣から冷静になるシーンを再現してまた爆笑。

f:id:nonryo:20161206084412j:plain

 

f:id:nonryo:20161206084426j:plain

そんな協さんは色黒くてヤリチンな愛すべき兄貴分でした。

そんな協さんの怖い話。(前置きが長い)

 

協さんが仕事から帰って、飯食って、寝ようと思って2階の自分の部屋に向いました。

階段登って、階段の電気消して、自分の部屋の扉を開けて、部屋の電気をつけようと壁のスイッチを暗闇で探している2~3秒の間にソレは起こりました。

暗闇の中で自分の前、顎の下に黒い塊があるんです。

それは自分の顎くらいの身長なんで、子供くらいの大きさでした。

それが上をむいて、協さんを見てにぃ~っと笑ったんです。

うわうわうわうわ!!!

とスイッチを押して部屋が明るくなると、それは消えていました。

協さんが体験した怖い話でした。

 

みんなの怖い話はこちらだよーん

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村