読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「長男は大人になって幽霊が見えなくなったのに、三男は今も実は見えていた話」

怖い話

なんか嘔吐下痢から復活したら、ブログの更新が凄い億劫になってしまいました。

ブームが去ってしまったのでしょうか。

でも、先人が言ってました。

「ブームはムーブ」って。

 

兄貴の子供達が体験した怖い話を紹介しましょう。

長男のT。こいつは今年19歳になるんすけど・・はやいなぁ・・もう19か。

兄貴が20歳のときの子供なんで、オレとTは14コしか離れてない。

兄弟っていってもいいくらいだね。

そんなTは運動神経抜群で、サッカーやらしたら相当凄かったのに、なぜか中学ではバスケ部へ。

なぜか聞いたら「チンおじさん中学バスケやってたんでしょ?」

とのこと。

兄貴曰く、Tの中でのオレは相当に神格化されているらしく、憧れのおじさんに近づきたくて同じバスケを選んだんだと。

中学ではモテモテで、先輩の女子が毎日朝に家に迎えに来て、2人に挟まれながら登校。

明るくて運動神経が凄いから人気者で、しかも喧嘩は売られたら絶対買う主義。

なので、ヤンキーの先輩にも可愛がられていました。

そんなT。

まったく関係のない前置きはここまでにして。

 

住んでる団地に黒い影が出るんです。

Tが小学生の頃。

「いってきまーす」

と家を出て、

「うわー!!!」

と帰ってきました。

理由を聞くと

「家出たら外に黒い影いた」

とのこと。

Tは憶えていませんが、この黒い影はTが幼稚園の頃にも出ています。

家の中に。

兄貴が風呂に入れて、上がらせて体にバスタオル巻いて、茶の間に送り出したところ

「うわー!!」

と泣きながら風呂に戻ってきて

「黒いのいたぁ!!」

と言いました。

 

Tも大人になってそういうのが見えなくなりました。

しかし、もっと見えるヤツがいました。

三男のH。

Hはスゲー社交性が高くて、親戚に対してもアザッスアザッスと頭ペコペコ。

自分より小さい子(うちのチビ達)に対してはメチャ優しい。

凄い良い子に育ったなぁと感心したんですが、若干オレに対してはテレ気味。

兄貴が「ほれチンおじさんと遊んでもらえ~」

と何度もけしかける感じ。スッススッス恥ずかしそうにしてたけどね。

この前の母の日で家にきたときに、幽霊の話になったんですが、

「普通に見えるよ」

と言い出したんです。

今中学一年生なんですね。

だからわけわからんこと言う歳でもないんですよ。

「団地の〇〇号棟の階段の踊り場にいるよ」

と言うんです。

どんなふうに見えるのか聞いたんですが、説明が難しいと言っていました。

怖がりなチンおじさんは

「ねえねえこの家にいる?ねえねえこの家は大丈夫?」

と聞いたら

「この家にはいないよ」

と安心安全のお言葉をいただいたので、胸を撫で下ろしております。

 

 

長男、小さい頃に見えていた

次男、まったく見えず

三男、今も見える

 

これが兄貴の家の三兄弟です。

 

みんなの怖い話はこちらだよーん

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村