「金融機関の破綻等に対するセーフティーネット (FP2級)」

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問29

わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.銀行に預け入れた決済用預金は、預入金額にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。

 

2.JAバンクに預け入れた一般貯金等は、貯金保険制度(農水産業協同組合金保険制度)による保護の対象であり、貯金者1人当たり1組合ごとに元本1,000万円までとその利息等が保護される。

 

3.証券会社が破綻して、預かり資産の一部または全部が返還されない事態が発生した場合、日本投資者保護基金により、一般顧客1人当たり1,500万円を上限として顧客資産が補償される。

 

4.生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構により、破綻時点における補償対象契約の責任準備金等の90%(高予定利率契約を除く)までが補償される。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

3番。3番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

決済用預金は、預け入れた全額が預金保険制度により保護されます。

決済用預金とは

「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」の3条件を満たす預金のとこといいます。

具体的には、利息のつかない普通預金当座預金のことです。

 

利息のつかない普通預金とは

都市銀行地方銀行が扱っており、一般の個人、法人、マンション管理組合などの各種団体が利用できます。

銀行によって呼ばれ方は様々で、無利息型普通預金普通預金無利息型、決済用普通預金普通預金決済専用型、などと呼ばれています。

マンション管理組合などが積み立てている預金も、その預けている金融機関の倒産などにより1000万円までしか保障されないとなると、マンションの維持・管理が不可能になり、住人の生活を脅かしてしまいます。

そういった点を考慮し、平成17年に、利息を目的とせず、いつでも引き出すことができる、決済を行うための口座は、全額を保障する仕組みになりました。

 

利息のつかない当座預金とは

主に企業が事業の支払いを行うためのお金を預ける口座です。

仮に、従業員に支払う給料が、金融機関の倒産を理由に支払われなくなってしまっては、社会不安に繋がります。

そのようなことがないように、利息のつかない当座預金は、全額が預金保険制度の保護の対象になります。

 

 

2番。適切。

JAバンク農業協同組合)の貯金は、農水産業協同木見合い保険制度により、元本1000万円とその利息まで保護されます。

 

 

3番。不適切。

証券会社などが経営破綻し、預けていた株式や債券が返還されないときは、日本投資者保護基金により、1人1000万円まで補償されます。

問題文の1500万円は不適切。

 

 

4番。適切。

生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構により、破綻時点における補償対象契約の責任準備金等の90%(高予定利率契約を除く)までが補償されます。

責任準備金とは

保険会社が保険契約上の債務を履行するために準備する積立金です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

金融機関が破綻してしまうと、1000万円とその利息しか保護されません。

もし宝くじで6億当たるようなことがあれば、60の銀行に口座を作りましょうね。

想像したら「やっべーなー。面倒くさいぞ~」と不安になったけど、絶対6億当たらないし、持ってない金の整理に慌てるところだった。危ない危ない。

 

みんなのFPブログはこちら

にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村