読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NISA 少額投資非課税制度 (FP2級)」

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問28

NISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、NISAにより投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。

 

1.NISA口座に受け入れることができる上場株式等には、公募株式投資信託のほかに、公募公社債投資信託も含まれる。

 

2.NISA口座の平成28年分の非課税枠には年間120万円の上限があり、その上限に達していない未使用分については、翌年以降に繰り越すことができない。

 

3.NISA口座を通じて購入した上場株式等を売却することにより生じた損失は、確定申告することにより、一般口座や特定口座で保有する他の上場株式等の配当金等や譲渡益と通算することができる。

 

4.NISA口座を通じて上場株式を購入した場合、その譲渡益が非課税となるのは最長で3年間である。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

2番。2番が適切。

 

 

解説

1番。不適切。

国債や公社債・公社債投資信託は対象外です。

対象

上場株式 (いわゆる株式投資)、公募株式投資信託、上場REITREIT不動産投資信託)、ETF (上場投資信託)、ETN (指数連動証券)

 

対象外

預貯金、債権、FX、MMF / MRF、保険商品、上場していない株式、個人向け国債先物取引、公社債投資信託

 

 

2番。適切。

NISA口座の利用限度額(非課税枠)は一人年間120万円です。未使用分の翌年への繰り越しはできません。

今まで100万円だった限度額が、2016年から120万円になりました。

変わると出題されるのが検定試験なので、要チェックです。

 

 

3番。不適切。

NISA口座内で発生した譲渡損失は、他の一般講座や特定口座内の上場株式等の配当金や譲渡益などと通算できません。

同じNISA口座内の譲渡益や配当金も非課税ですので、損失もなかったものとされます。

 

 

4番。

NISA口座における配当金や譲渡益が非課税なのは、最長5年間です。

 

 

まとめ

NISA いかがでしたか?

最近かわいらしい女の子をモデルに起用して、たくさんSMが流れています。

一般人の関心がそこにあるのであれば、ファイナンシャル・プランナーの力が求められる場面がそこなのかもしれません。

2年間くらいは毎回出そうですよね。制度が変わると。

限度額100万→120万、憶えておきましょう。

おしまい。

 

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村