「ポートフォリオ理論 (FP2級)」

おはようございます。

自称、公務員ライターのチン・マン彦です。

土日は書きません。

オカルトも勉強もお休みです。

ではいきます。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問27

ポートフォリオ運用に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。

 

2.異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの軽減)は得られない。

 

3.株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、ポートフォリオの期待収益率は、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることができる。

 

4.株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、市場全体の動き(システマティック・リスク)の影響を軽減することができる。

 

シンキングタ~イム

 

 

 

 

 

答え

1番。1番が適切。

 

 

解説

1番。適切。

A資産 期待収益率2,5%×40%=1

B資産 期待収益率6%×60%=3,6

1+3,6=4,6%

 

 

2番。不適切。

異なる2遺産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1となる場合、リスクの低減効果を得ることができます。

異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産の相関係数が1の場合は、同じ値動きをするので、分散投資の意味はありません。

 

 

3番。不適切。

ポートフォリオの期待収益率は、各資産の期待収益率をポートフォリオ構成比で加重平均したものですので、組入れ銘柄を増やしても、常にポートフォリオの期待収益率は組入れ銘柄の期待収益率にポートフォリオの構成比で加重平均されますから、ポートフォリオの期待収益率が、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることはありません。

(同じことを2回言っているというツッコみは・・・)

 

 

4番。不適切。

ステマティックリスク(市場リスク)は、ほぼ全ての証券に影響を及ぼすような価格変動要因ですので、分散投資でも低減できません。

 

 

まとめ

ポートフォリオはいかがでしたか?

違う値動きをさせて、リスクを分散させようっちゅーことですわな。

言葉では理解できても、実際に投資をしたことがない人(私です)にとっては、幽霊の話と大差ないですね。

そんなこと言ってるから全然憶えないんですね。

おしまい。

 

みなさんのFPブログはこちら


にほんブログ村