「外貨建て金融商品の取引 (FP2級)」

さぁまいりましょう。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問26

個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロと円の為替レートが円安に変動することは、当該債券に係る円換算の投資利回りの上昇要因となる。

 

2.米ドル建て個人年金保険の死亡給付金や年金を円貨で受け取る場合、米ドルと円の為替レートの変動によっては、死亡給付金額や年金総額が当初の払込保険料相当額を下回ることがある。

 

3.外貨預金の預入時に為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は、源泉分離課税の対象となる。

 

4.国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、その売買の約定日から起算して5営業日目となる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

4番。4番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

外貨建て金融商品は、為替が円安になると、円換算では為替差益が発生し、円換算の投資利回りは上昇します。

反対に、円高になると、円換算では為替差損が発生し、円換算の利回りは下落します。

 

 

2番。適切。

米ドル建て個人年金保険の死亡給付金や年金を円貨で受け取る場合、米ドルと円の為替レートの変動によっては、死亡給付金額や年金総額が当初の払込保険料相当額を下回ることがあります。

円高ドル安になると、外貨建ての価格が一定でも、円換算したときの価格が下落してしまうリスクがあります。

 

 

3番。適切。

外貨預金の預入時に為替先物予約を締結した場合、満期時に生じた為替差益は、利子と為替差益も含めて20.315%の源泉分離課税となります。

 

為替先物予約とは

顧客と金融機関との間で、外貨の受払いを行う際に適用するレートを先に取り決めておく契約のことです。

為替変動のリスクを回避する手段として用いられます。

先に満期時のレートを確定させることで、満期時の為替レートに関係なく、先物予約したレートで円に交換できます。

 

為替先物予約をしている場合の為替差益は、雑所得として源泉分離課税です。

為替先物予約をしていない場合の為替差益は、雑所得として総合課税です。

 

 

4番。不適切。

国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、その売買の約定日から起算して4営業日目となります。

 

 

まとめ

為替が出てきましたね。

私は昔、円高と聞いて単純に100円→105円のように数字が上昇するものだと思ってました。

アホですね。

実際は、価値が高まるので、100円→95円のようになるんですよね。

 

おしまい。

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村