読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「株式投資の評価指標 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

午後にもう1問

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問25

株式指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.同規模・同一業種の銘柄間においては、一般に、PER(株価収益率)の高い銘柄が割安と考えられる。

 

2.同規模・同一業種の銘柄間においては、一般に、PBR(株価純資産倍率)の高い銘柄が割高と考えられる。

 

3.配当性向は、株価に対する配当金の割合を示す指標である。

 

4.ROEは、企業の総資本に対する当期純利益の割合を示す指標である。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

2番。2番が適切。

 

 

解説

1番。不適切。

PER(株価収益率)とは

株価が一株あたりの純利益の何倍になっているかを見る尺度です。

一般的にPERが低いと株価は割安で、高いと株価は割高と判断されます。

 

よって、不適切。

 

 

2番。適切。

PBR(株価純資産倍率)とは

株価が一株あたりの純資産の何倍まで買われているかを見る尺度です。

一般的にPBRが低いと株価は割安で、高いと株価は割高と判断されます。

 

よって、適切です。

 

 

3番。不適切。

配当性向とは

当期純利益のうち配当に回される率のことをいいます。

 

問題文の株価に対する配当金の割合は、配当利回りになります。

 

よって、不適切。

 

 

4番。不適切。

ROEとは

自己資本を使ってどれだけ利益を上げたかを示します。

 

企業の総資本に対する当期純利益の割合を示す指標は、ROAです。

 

よって不適切。

 

 

まとめ

株式指標に関する単語がアルファベットなので、なかなか憶えにくいですよね。

PER=株価÷1株あたりの利益

PBR=株価÷1株あたりの純資産

 

ROE=純利益÷自己資本×100

ROA=純利益÷総資産×100

 

混乱するよね~。こんなにいろいろでてきたら。

 

おしまい。

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村