読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「投資信託の仕組み・概要 (FP2級)」

めっきり寒くなりましたね。

そんな日は外に出ないでお勉強だ。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2116年9月 学科 問23

投資信託ディスクロージャー等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.投資信託委託会社は、定期的に「交付運用報告書」を作成し、原則として、販売会社を通じて投資家に交付しなければならない。

 

2.投資信託にかかる費用のうち、運用管理費用(信託報酬)や監査費用は、投資信託を保有している投資家が間接的に負担するものであり、基準価額の計算の際に控除される。

 

3.投資信託の販売会社は、投資信託(対象外とすることが認められている投資信託を除く)を保有している投資家に対して、分配金の受取りや一部解約等を反映した総合的な損益状況を通知しなければならない。

 

4.投資信託の運用評価には、定性評価と定量評価があるが、投資信託の過去のリスクやリターンの実績に基づいて運用成果を評価することを定性評価という。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

4番。4番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

投資信託の目論見書や運用報告書は、運用会社(委託会社)が作成し、販売会社を通じて投資家へ交付されます。

 

目論見書とは

運用会社が作成する投資信託の説明書のようなものです。

内容は法律で決められており、投資信託の募集要項や費用、運用の内容などが記載されています。

金融商品取引法によって、投資家に対して取引の際には必ず交付しなければならないことが定められています。

 

運用報告書とは

投資家に対して交付される報告書で、投資信託の期間中の運用実績や経過、信託財産の内容、有価証券売買状況などが記載されている。

決算日ごとに作成され、投資信託委託会社に作成が義務付けられている。

 

 

2番。適切。

投資信託にかかる費用のうち、運用管理費用(信託報酬)や監査費用は、投資信託を保有している投資家が間接的に負担するものであり、基準価額の計算の際に控除されます。

 

投資信託にかかる費用

 

購入時の手数料

直接支払う費用で、購入時に販売会社に支払います。

販売会社によってはこの費用が無料の投資信託があり、ノーロード投資信託と呼ばれています。

 

運用管理費用(信託報酬)

投資信託の保有時に、投資信託の信託財産から間接的に支払われます。

投資信託を保有している間、投資信託の保有額に応じて日々支払う費用です。年率でいくら支払うのか、目論見書などに記載されています。

 

監査報酬

投資信託の保有時に、投資信託の信託財産から間接的に支払われます。

投資信託は原則として、決算ごとに監査法人などから監査を受ける必要があります。その監査に要する費用です。

 

売買委託手数料

株式などの売買時に、投資信託の信託財産から間接的に支払われます。

投資信託が投資する株式などを売買する際に発生する費用です。発生の都度、間接的に徴収されます。

 

信託財産留保額

換金時に直接支払います。

投資信託を購入または解約する際、手数料とは別に徴収される費用です。販売会社が受け取るのではなく信託財産に留保されます。投資信託によって差し引かれるものと差し引かれないものがあります。

 

 

3番。適切。

投資信託の販売会社は、投資信託(対象外とすることが認められている投資信託を除く)を保有している投資家に対して、分配金の受取りや一部解約等を反映した総合的な損益状況を通知しなければなりません。これをトータルリターン通知制度といいます。

 

 

4番。不適切。

投資信託の評価に用いられる方法に、定量評価と定性評価があります。

定量評価

過去のリスクやリターンの運用実績などの数値的側面からの評価。

 

定性評価

運用方針や投資哲学などの側面からの評価。

 

 

まとめ

投資信託

(プロに)投資(の運用を)信(じて)託(す)。

信じてくれても、元本の保証はないよ

 

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村