読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「預貯金 (FP2級)」

本日ラスト。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問22

銀行等の金融機関で取り扱う預金商品の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.期日指定定期預金は、据置期間経過後は最長預入期日までの任意の日を満期日として指定することができる。

 

2.オプション取引などのデリバティブを組み込んだ仕組み預金は、一般に、預金者の判断によって満期日を延長できる。

 

3.貯蓄預金は、公共料金などの自動支払口座や、給与や年金などの自動受取口座として利用することができる。

 

4.大口定期預金は、変動金利型の預金であり、預入金額1,000万円以上で設定が可能である。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

1番。1番が適切。

 

 

解説

1番。適切。

期日指定定期預金とは

預入してから1年間据え置けば、自由に満期日を指定できる定期預金です。通常の定期預金は預入時に満期日を決めますが、期日指定定期預金は預入時に満期日を決めず、据置期間経過後に引出希望日を指定することで、いつでもペナルティなしで引き出せます。

 

よって、1番は適切。

 

 

2番。不適切。

オプション取引などのデリバティブを組み込んだ仕組み預金とは

通常の預金よりも高金利だが、預入期間の短縮や延長の決定権は銀行にある金融商品です。原則として、中途解約はできず、やむを得ず中途解約に銀行が応じた場合は、元本割れの可能性があります。

 

よって、2番は不適切。

 

オプション取引とは

将来の予め定められた期日に特定の商品(原資産)を現時点で取り決めた価格で売買する「権利」の取引です。

 

デリバティブとは

リスクを覚悟して高い収益性を追及する手法です。

 

 

3番。不適切。

貯蓄預金は、普通預金と同じくいつでも出し入れ可能ですが、給与や年金等の受取口座、公共料金等の支払口座には指定できません。また、預けるお金が多いほど金利が上昇する特徴を持っています。

 

よって、3番は不適切。

 

 

4番。不適切。

大口定期預金とは

金額と期間に応じた金利が設定される、1000万円から預入が可能な自由金利型の定期預金です。

預入期間は1カ月から最長10年まで選択可能で、固定金利型です。

 

よって、4番は不適切。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

預金商品にも様々な種類がありますね。

暗記暗記~♪

 

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村