読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「損害保険による事業活動のリスク管理 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

おぅし!やりますかー!!

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問20

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.店舗建物とその中に収容している商品が火災で焼失した場合に備えて、火災保険を契約した。

 

2.調理販売した弁当が原因で食中毒が発生した場合に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

 

3.従業員が業務中の事故でケガをした場合に備えて労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的に、労働災害総合保険を契約した。

 

4.設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

4番。4番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

火災保険は、建物や家財だけでなく、店舗建物や、その建物内にある什器、備品、機械、設備、商品、製品、原材料、等も補償の対象にすることができます。

 

 

2番。適切。

生産物賠償責任保険(PL保険)は、企業等が製造・販売した商品による事故で、他者への損害賠償責任が発生した場合、企業側の損害額を補償する保険です。

調理販売した弁当での食中毒発生への備えとして生産物賠償責任保険を契約することは適切です。

 

 

3番。適切。

労働災害総合保険とは

政府労災保険の上乗せとなる保険です。従業員が労災事故により政府労災保険の災害補償の対象となる身体障害を被った場合において、事業主が法廷給付に上乗せ補償(法定外補償)を行うことによって被る損害や、使用者としての法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を総合的に担保します。

よって、3番は適切です。

 

法定外補償とは

労災保険法に基づく法廷給付は、被災労働者の生活費を補うには十分とは言えません。一家の大黒柱を失った遺族は、これまでの生活水準を維持できません。法定外補償制度は、こうした法定給付の不足分を企業の費用負担で補うことを目的として作られた福祉制度の一つです。

 

 

4番。不適切。

施設所有(管理)者賠償責任保険とは

施設の安全性の維持・管理の不備や、構造上の欠陥、施設の用法に伴う仕事の遂行が原因で、他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりしたことにより、損害賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。

設備工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の工事中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備えて契約すべきなのは、請負業者賠償責任保険です。

よって、不適切。

 

請負業者賠償責任保険とは

ビル建設、道路工事水道管敷設、鉄道建設等の各種工事を行う業者が、その工事遂行による事故や、工事遂行のために管理する施設で発生した事故によって、他人に身体の障害または財物の損壊を与えることにより、法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害を担保する保険です。

 

 

まとめ

事業活動のリスクを補う損害保険にはいろいろな種類があります。

事業者が被る損害がどのようなものかをしっかり確認しましょうね。

おしまい。

 

みんなのFPブログはこちら


にほんブログ村