読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「第三分野の保険の商品性 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

第三分野の保険に関する問題です。

問題

ファイナンスある・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問19

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.特定(三大)疾病保障定期保険では、特定疾病保険金が支払われた後も契約が存続し、死亡したときに死亡保険金が支払われる。

 

2.医療保険では、正常分娩による入院については、入院給付金の支払い対象とならない。

 

3.先進医療特約では、支払い対象となる先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣が承認しているものとされている。

 

4.所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

1番。1番が不適切。

 

 

解説

1番。不適切。

特定三大疾病保障保険とは、三大成人病の癌・急性心筋梗塞脳卒中にかかった場合に、死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われます。そして、生前に特定疾病保険金が支払われると、以降は契約が消滅するので、死亡しても死亡保険金は支払われません。

2回支払われることはないということですね。

 

 

2番。適切。

医療保険では、正常分娩による入院については、入院給付金の支払い対象となりません。

医療保険は、病気や不慮の事故による傷害等を補償対象としています。治療を目的としない美容整形や正常分娩は補償の対象外です。

 

 

3番。適切。

先進医療特約では、支払い対象となる先進医療は、療養を受けた時点において厚生労働大臣が承認しているものとされています。

先進医療特約とは

厚生労働大臣が承認する先進医療治療を所定の医療機関で受けたときに、給付金が支払われる特約です。療養を受けた日の時点で、公的医療保険制度の給付対象となっていない先進的な医療技術が対象です。

 

公的医療保険制度とは

会社員などが加入する「健康保険」と、自営業者などが加入する「国民健康保険」のことです。

加入者やその家族など(被扶養者)が、医療が必要な状態になったときに、公的機関などが医療費の一部負担をしてくれるという制度です。

すべての人が公的医療保険に加入することになっており、これを「国民皆保険制度」と呼んでいます。

 

 

4番。適切。

所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となります。

 

収入保障保険と似ているので混乱する人もいると思いますが、

所得補償保険は、被保険者が働けなくなった場合に、働けない期間の所得を補償します。

収入保障保険は、被保険者が亡くなった場合に、残された遺族の生活を保障します。

 

 

まとめ

第三分野の保険が出てきましたね。

なんじゃらほいと思う方に軽くご説明。

 

第一分野は生命保険です。終身保険、定期保険、養老保険、学資保険、個人年金保険、などなど。生命保険会社の取り扱いです。

 

第二分野は損害保険です。火災保険、自動車保険、傷害保険、賠償責任保険、などなど。損害保険会社の取り扱いです。

 

第三分野は医療保険です。医療保険ガン保険、女性保険、就業不能保険、などなど。

生命保険会社と損害保険会社の両方が取り扱うことができます。

 

ややこしや~ややこしや~。

おしまい。

FPに関するみんなのブログはこちら

   ↓


にほんブログ村