読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「法人の損害保険の経理処理 (FP2級)」

法人が契約した損害保険の経理処理に関する問題です。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問18

法人が契約者(=保険料負担者)である損害保険契約に係る経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.すべての従業員を被保険者とする普通傷害保険の月払保険料は、支払った保険料の全額を損金に算入する。

 

2.業務中の事故で従業員が死亡し、普通傷害保険の死亡保険金を従業員の遺族が保険会社から受け取った場合、法人は死亡保険金相当額を死亡退職金として損金に算入する。

 

3.積立火災保険の満期返戻金と契約者配当金を法人が受け取った場合、受け取った全額を益金に算入し、それまで資産計上していた積立保険料の累計額を損金に算入する。

 

4.法人が所有する業務用自動車が事故で全損したことにより受け取った自動車保険の車両保険金で同一年度内に代替の車両を取得した場合、所定の要件に基づき圧縮記帳が認められる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

2番。2番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

全従業員を被保険者とする普通傷害保険は、支払った保険料は福利厚生費として損金算入できます。

特定の従業員を被保険者としている場合は、給与として損金算入します。

 

 

2番。不適切。

業務中の事故で従業員が死亡し、普通傷害保険の死亡保険金を従業員の遺族が保険会社から受け取った場合、みなし財産として相続税の課税対象になりますが、法人は保険金を受け取っていないので経理処理は不要です。

 

 

3番。適切。

積立火災保険などの積立型の損害保険の場合、積立部分は満期・解約時までは資産計上し、満期時に受け取った満期返戻金と契約配当金の全額を益金に算入します。資産計上していた積立部分は損金に算入します。

 

 

4番。不適切。

圧縮記帳は認められます。

火災保険だけでなく、自動車保険の保険金でも適用されます。

法人所有の自動車が事故で全損し、車両保険の保険金で新しい自動車を取得した場合でも圧縮記帳の適用対象です。

 

圧縮記帳とは

建物などの資産が損害にあった場合、支払われた保険金は益金に、損害額は損金に算入されます。代替えの建物を取得する際に、保険金額が帳簿価格を上回る場合、その差額を保険差益といい、これに一時に課税されないように一定条件のもとで将来に繰り延べることを圧縮帳簿といいます。

 

 

まとめ

最後の圧縮記帳ですが

ネットで調べても全然わからず、FP2級のテキストに載っている内容を書きました。

 

難しいね。圧縮記帳って。

みんなのFPブログはこちら

   ↓


にほんブログ村