読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「傷害保険による個人のリスク管理 (P2級)」

損害保険に関する問題です。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問17

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は付帯していないものとする。

 

1.国内旅行傷害保険では、地震、噴火またはこれらによる津波を原因とするケガは補償の対象とならない。

 

2.海外旅行(傷害)保険では、海外旅行の行程中であれば日本国内で起きた事故によるケガであっても補償の対象となる。

 

3.普通傷害保険では、就業中に発生した事故によるケガは補償の対象となる。

 

4.家族傷害保険は、保険契約締結時における所定の範囲の親族が被保険者であり、保険契約締結後に誕生した子は被保険者とならない。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

4番。4番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

国内旅行傷害保険では、地震、噴火またはこれらによる津波を原因とするケガは補償の対象となりません。

日本国内での旅行を目的として、家を出発してから帰着するまでの間に被った傷害を補償する保険です。怪我のほか、細菌性食中毒も補償対象ですが、地震・噴火・津波による傷害の補償は対象外となります。

地震・噴火・津波を補償してくれるのは、海外旅行傷害保険です。こっちは病気も補償してくれます。

 

 

2番。適切。

海外旅行(傷害)保険では、海外旅行の行程中であれば日本国内で起きた事故によるケガであっても補償の対象となります。家を出てから家に帰るまでが補償期間となりますので、出国前や帰国後に国内を移動中の事故も補償対象となります。

 

 

3番。適切。

普通傷害保険では、就業中に発生した事故による怪我は補償の対象となります。

 

 

4番。不適切。

家族傷害保険の補償の対象は、本人、配偶者、その他の親族です。

その他の親族に含まれるのは、同居親族、別居の未婚の子です。いずれも本人または配偶者との同一生計が条件です。

保険期間中に被保険者に子供が生まれた場合は、同一生計であれば、手続きなく自動的に補償対象となります。

 

 

まとめ

どうでした?

解けました?

補償の範囲、補償の期間、

しっかり憶えておきましょう。

 

おしまい。

みんなのFPブログはこちら

   ↓


にほんブログ村