「火災保険 (FP2級)」

火災保険に関する問題です。

問題

 

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問16

宅建物および家財を対象とする火災保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.自宅の火災により、車庫内に停めてあった自動車が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

 

2.隣家の火災のための消火活動による水濡れにより、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象となる。

 

3.ガス爆発により、住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象とならない。

 

4.落雷により、住宅建物内にあるテレビが損害を被った場合は、補償の対象となる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

答え

 

3番。3番が不適切。

 

 

解説

 

1番。適切。

火災保険では、車庫は補償対象です。しかし、自動車は補償対象外です。自動車は車両保険で補償されます。

 

 

2番。適切。

火災保険では、消火活動による家屋や家財の損害も補償対象です。近隣の家屋の火災のケースでも同様です。

 

 

3番。不適切。

火災保険では、ガス爆発により住宅建物が損害を被った場合は、補償の対象となります。

「破裂・爆発」による損害も補償対象となっているので、ガス爆発や消火器の破裂なども補償されます。

 

 

4番。適切。

火災保険では、落雷による家屋や家財の損害も補償対象です。

 

 

まとめ

 

火災保険の補償の範囲がポイントでした。

 

車庫の中の車はどうなの?

隣の家の火災の消火活動による水の被害はどうなの?

ガス爆発は?

カミナリは?

 

しっかり確認しておきましょう。


にほんブログ村