読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「法人の生命保険の経理処理 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

法人がかけた生命保険契約の経理処理に関する問題です。

問題

 

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問15

契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。

 

養老保険において、被保険者が役員・従業員、死亡保険金受取人が( ア )、満期保険金受取人が法人の場合、支払保険料の全額が資産に計上され、最終的に保険金や解約返戻金を受け取るまで、資産として積み立てられる。

 

定期保険(無配当保険)において、被保険者がすべての役員・従業員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族の場合、支払保険料は( イ )として損金に算入することができる。保険金が支払われたときは経理処理を要しない。

 

1.(ア)法人 (イ)福利厚生費

 

2.(ア)法人 (イ)給与

 

3.(ア)被保険者の遺族 (イ)福利厚生費

 

4.(ア)被保険者の遺族 (イ)給与

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

 

1.(ア)法人 (イ)福利厚生費

 

 

解説

 

死亡・満期保険金の受取人を法人とする養老保険は、最終的に必ず法人が保険金を受け取ることになるので、支払保険料の全額が資産計上されます。

 

無配当定期保険とは、保険会社から配当支払いがない定期保険で、掛捨て型です。保険期間終了時に解約返戻金はなく、支払った保険料全額を損金算入することができます。

被保険者が全従業員となっていると、支払った保険料は福利厚生費として損金算入でき、

被保険者が特定の役員や従業員となっていると、支払った保険料は給与として損金算入できます。

死亡保険金を従業員の遺族が受け取った場合、みなし財産として相続税の課税対象となりますが、法人は保険金を受け取らないので、経理処理は不要です。

 

従って正解は、1.(ア)法人 (イ)福利厚生費です。

 

 

まとめ

 

支払保険料で

養老保険など、最終的に法人が受け取れるものは資産計上。

定期保険などの掛捨ては、損金算入。

全ての従業員なら福利厚生費で損金算入、特定の従業員なら給与で損金算入。

 

勉強になるなぁ。おしまい!


にほんブログ村