読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「個人年金保険 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

個人年金保険の問題です。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問13

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.変額個人年金保険では、積立金の運用成果によって将来の年金額や解約返戻金などが変動する。

 

2.変額個人年金保険では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合に支払われる死亡給付金の額は、既払込保険料相当額となっている。

 

3.個人年金保険(確定年金)では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合、契約時に定めた年金年額に受取予定年数を乗じた額が死亡給付金として支払われる。

 

4.外貨建て個人年金保険では、円換算特約を付加した場合、受け取る年金額は為替の変動による影響を受けない。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

1番。1番が適切。

 

 

解説

まず、個人年金保険ってなんですの?って話ですが、

個人年金保険とは、保険料を積み立てて、将来、年金を受け取ろうというものです。

受け取り方はいくつかあります。

 

終身年金

終身年金は、生きている限り年金を受け取れます。ですから保険料は高めです。しかし、死亡したら給付されません。早めに死亡してしまうと、受け取る額が支払った額より少なくなってしまい、元本割れで損をする可能性があります。

保証期間付終身年金もあり、保証期間中に死亡した場合は、残りの期間分の年金または一時金が支払われます。

 

確定年金

確定年金は、決められた期間だけ年金が受け取れます。この時期に本人が死亡しても期間中は給付されます。掛け捨てにならず、元本割れになりません。

 

有期年金

有期年金は、確定年金と同じく決められた期間だけ年金が受け取れます。しかし、本人が死亡してしまうと給付はされませんが、そのぶん保険料は安くなっています。

保証期間付有期年金もあり、保証期間中に死亡した場合は、残りの期間分の年金または一時金が支払われます。

 

夫婦年金

夫婦のいずれかが生きている限り、年金を受け取ることができます。

 

 

これらを踏まえて、問題に戻ります。

 

1番。適切。

変額個人年金保険は、貰える年金が増えることも、減ることもある投資タイプの年金保険です。

保険料を保険会社が株式や債券などに運用し、運用実績によって年金額や解約返戻金が増減します。年金原資や年金受取総額に最低保証のあるタイプと最低保証のないタイプがあります。

決められた年齢になると、支払った保険料を原資にして年金を受け取れますが、一時金としても受け取れます。

年金受取開始前に死亡した場合は、それまでの保険料払込相当額を死亡保険金として受け取れます。

 

 

2番。不適切。

変額個人年金保険では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合に支払われる死亡給付金の額は、既払込保険料相当額ではありません。

株式や債券などで運用される保険料の運用実績で年金額や解約返戻金などが増減するので、必ず払い込んだ保険料相当額が支払われるわけではありません。

 

 

3番。不適切。

確定年金は、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合、既払込保険料相当額が死亡保険金として払い戻され、年金支払期間中に被保険者が死亡した場合は、期間中は生死に関係なく年金が支払われます。

 

 

4番。不適切。

外貨建て金融商品は、外貨建て個人年金保険も同様に、原則として為替リスクがあります。円高になれば円換算した時に価格は下落しますし、円安になれば、円換算した時に価格は上昇します。

 

 

まとめ

いかがでしたか?正解しました?

2級になって、少しずつ深くなってきてますよね。広さは一緒でも深さが違う。

もう私は少しパニックです。

確定拠出年金とどう違うんだっけ?なんて疑問が湧くと頭が沸いちゃいます。

まだまだ勉強が足りませんね。

あれ?ホントにどう違うんだっけ?

あぁ・・・個人年金保険は老後の積み立てを目的とした保険商品で、確定拠出年金国民年金基金連合会がやってる国民年金の上乗せ的な位置づけでした・・・。

おしまい!


にほんブログ村