読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「生命保険の商品性 (FP2級)」

保険商品に関する問題です。

どんぞどんぞ~。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問12

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.低解約返戻金型終身保険を保険料払込終了後に解約した場合、低解約返戻金型ではない他の契約条件が同じ通常の終身保険よりも低い解約返戻金額が支払われる。

 

2.養老保険の被保険者が保険期間満了まで生存した場合、死亡・高度障害保険金と同額の満期保険金が支払われる。

 

3.生存給付金付定期保険の被保険者が死亡した場合、保険金額からすでに支払われた生存給付金の額を差し引いた金額が死亡保険金として支払われる。

 

4.収入保障保険の被保険者が死亡した場合、死亡保険金の支払いは年金形式に限られる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

2番。2番が適切。

 

 

解説

1番。不適切。

低解約返戻金型の終身保険は、解約返戻金減額期間となる保険料払込期間の解約返戻金が一般的な終身保険より低い終身保険です。そのぶん保険料は割安で、保険料払込期間が終われば通常の終身保険と同程度の解約返戻金となります。

 

終身保険とは

掛け捨てではなく、貯蓄性のある保険商品です。

解約しなければ、設定した死亡保障が一生涯続きますので、いつかは家族が死亡保険金を受け取れます。

解約しても、その貯蓄性から、老後の生活費や子供の学費などの将来のお金に充てることができます。

 

 

2番。適切。

養老保険とは

保険期間中に、被保険者が死亡したり高度障害状態になると、死亡・高度障害保険金が支払われ、保険期間満了まで生存すると、満期保険金が支払われます。

 

 

3番。不適切。

生存給付金付き定期保険は、一定期間ごとに生存給付金が受け取れる定期保険です。保険期間中に被保険者が死亡・高度障害となった場合には、定額の死亡保険金や高度障害保険金が受け取れます。支払済みの生存給付金を差し引きません。

生存給付金があるので、通常の定期保険よりも保険料は割高になりますが、満期時にも満期受取金が支払われるので、貯蓄性も兼ね備えています。

 

定期保険とは

保障が一定期間内のみ有効の保険です。基本的に保険料は掛け捨てとなっているため、割安な保険料で大きな保障を受け取れるようになっています。

 

 

4番。不適切。

収入保障保険の死亡保険金や高度障害状態となった場合の保険金は、年金形式・一時金のどちらでも受け取れます。

 

収入保障保険とは

会社員や自営業者などの方が死亡または高度障害になった場合において、残された家族の生活費用を補う保険です。

似ている保険に所得補償保険というものがあります。

所得補償保険は、会社員や自営業者の方が病気や怪我になった場合に、収入減を補う保険です。

死亡や高度障害は収入保障

病気や怪我は所得補償

ですので、間違えないように。

 

 

まとめ

4択の問題の中に、定期保険、養老保険終身保険、と3級で習った保険がしれっと出てきましたね。

良い問題ってことですね。しかも低額返戻金型とか生存給付金付きとかオマケがついて。

 

よ~く考えよ~。保険は大事だよ~。

おしまい。


にほんブログ村