「クレジットカード (FP2級)」

お昼にもう一問いっとけー!!

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問10

クレジットカードに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.クレジットカードは、クレジットカード会社が所有権を有しており、約款上、クレジットカード表面に印字された会員本人以外が使用することはできない。

 

2.クレジットカード会社は、加盟する指定信用情報機関を通じて、会員の属性情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先名等)を閲覧することはできるが、会員の自社以外のクレジットカードの利用状況を閲覧することはできない。

 

3.割賦販売法の規定によれば、クレジットカード会社は、利用者とクレジット契約を行う際、その利用者の年収、生活維持費、クレジット債務などから算定される支払可能見込額を調査することが原則として義務付けられている。

 

4.クレジットカードを使用したキャッシング(無担保借入)は、貸金業法上、総量規制の対象となり、キャッシング利用限度額の合計は、原則として、その他の無担保借入残高(他社も含む)と合算して年収額の3分の1までとされている。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

2番。2番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

クレジットカードの所有権はクレジット会社にあります。カードの裏面に印字された会員本人以外は使用できません。

 

 

2番。不適切。クレジット会社は加盟している信用情報機関から、会社員の属性情報やクレジットカードの路用状況(加盟する他社含む)を観覧可能です。

 

信用情報機関とは

加盟する会員会社から登録される信用情報を管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える期間です。

会員は消費者の情報を確認し、消費者の返済能力に応じた適切な貸付を行い、過剰貸付などを未然に防ぎます。

消費者は、自身が築き上げた信用に基づいた信用供与を必要な時に迅速に受けることができます。

す。

 

 

3番。適切。

割賦販売法により、クレジットカード会社にはカード利用者の年収、生活維持費、クレジット債務等から算定される支払可能見込額を調査することが義務付けられています。

 

割賦販売法とは

割賦販売等に係る取引を公正にし、健全な発達を図ることで商品の流通を円滑にすることを目的とする法律です。

制定以来、何度かの法改正で現在は消費者保護に重点がおかれています。

 

 

4番。適切。

クレジットカードのキャッシングは無担保での借り入れですので、貸金業法における融資額の総量規制により、他社も含めた無担保の借入金の合算が年収の3分の1までとなっています。

 

総量規制とは

貸金業法などにおいて規定される、借りすぎ貸しすぎの防止策。

 

 

まとめ

クレジットカードの利用状況は加盟する他社のカードの利用状況も観覧可能。

借り入れの限度は他社も含めて年収の3分の1まで。

 

このへんの他社を含める部分がポイントですかね。

 

おしまい。

 


にほんブログ村