読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「中退共、小規模企業共済、国民年金基金 (FP2級)」

FP資格試験 2級学科問題

午後も1問。いっとけオラっぁぁ!!

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問7

中小企業退職金共済、小規模企業共済および国民年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.中小企業退職金共済の掛金月額は、被共済者1人当たり7万円が上限となっている。

 

2.商業・サービス業において、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主は、小規模企業共済に加入することができる。

 

3.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者は、国民年金基金に加入することができる。

 

4.国民年金基金の掛金は、その全額が社会保険料控除として所得控除の対象となる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え 

1番。1番が不適切。

 

 

解説

1番。不適切。

被共済者1人当たり7万円が上限なのは、中小企業退職金共済(以下 中退共)ではなく、小規模企業共済です。

中退共の被共済者の1人当たりの掛け金の上限は5000円~30000円までの16種類の範囲内で事業主は従業員ごとに任意で選択です。

 

 

2番。適切。

小規模企業共済の加入条件は、常時使用する従業員数が20人以下の個人事業主または役員です。商業・サービス業の場合は5人以下でもOKです。

 

 

3番。適切。

国民年金基金は、国民年金の第1号被保険者の他に、60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者も加入できます。

 

 

4番。適切。

国民年金基金の掛け金は全額が社会保険料控除となります。

 

 

中小企業退職金共済」とは

中小企業以下を対象にした、従業員に対する退職金制度を実現するために作られました。

中小企業の従業員の福祉と増進を図るとともに、中小企業の復興に寄与することを目的としています。

被共済者ごとに一定額の掛金を納付。掛金の額は16種類、短時間労働者は3種類にわかれています。

掛金は全額非課税で、全額事業主からの拠出となります。

従業員のための制度ですね。

 

「小規模企業共済」とは

経営者が退職後、生活の安定や事業の再建を図るための資金準備の手段のために作られました。

加入資格は、常時使用する従業員が20人以下、商業とサービス業の場合は5人以下の個人事業主やその経営に携わる共同経営者や役員、一定規模以下の企業組合、協業組合、農事組合の役員です。

掛金は1000円~70000円までの範囲で500円刻みで選べます。掛金は全額が小規模企業共済等掛金控除となります。

経営者のための制度ですね。

 

国民年金基金」とは

自営業者などの国民年金の第1号被保険者を対象にした年金制度です。

会社員との年金額の差を解消するために創設されました。

厚生年金が二階建て方式に対し、第1号被保険者が受け取る年金は国民年金のみ。それを厚生年金のように二階建てにした制度です。

掛金の上限は原則1ヵ月で68000円です。ただし、個人型の確定拠出年金に加入している場合は、確定拠出年金の掛金と合算して1ヵ月68000円までです。

掛金の全額が社会保険料控除となります。

 

 

まとめ 

働く人の老後を豊かにする制度が3つ出てきました。

中小企業退職金共済

「小規模企業共済」

国民年金基金

 

どんな制度?

加入条件は?

誰を対象にしているの?

月の掛金の限度額は?

控除になるの?

 

このへんを抑えておきやしょー!

おしまい!