「確定拠出年金 (FP2級)」

お昼も一問いきましょうか。

問題 

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問6

確定拠出年金の掛金および老齢給付金等に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.企業型年金加入者掛金(マッチング拠出による加入者が拠出する掛金)は、その全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となる。

 

2.個人別管理資産の運用期間中に発生する利息や収益分配金等の運用収益は、年金の給付時まで課税が繰延べされる。

 

3.老齢給付金を年金として受給する場合、その年金は、雑所得として公的年金等控除の対象となる。

 

4.老齢給付金を一時金として受給する場合、その一時金は、一時所得として総合課税の対象となる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え

4番。4番が不適切。

 

 

解説

1番。適切。

企業型年金加入者掛金(マッチング拠出による加入者が拠出する掛金)は、その全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります。

 

確定拠出年金とは

確定拠出年金法に基づき、予め毎月の掛金の額を決めておき、積立金の運用実績によって将来の年金給付額が決まる年金制度です。

事業主が実施主体となって事業主が掛金を拠出する「企業型確定拠出年金」と

国民年金基金連合会が実施主体となって加入者が掛金を拠出する「個人型確定拠出年金」があります。

企業型確定拠出年金では、2012年から「マッチング拠出」として企業型年金規約に定めることで個人の拠出も可能になりました。

 

企業型年金加入者掛金とは

企業型年金拠出年金において、マッチング拠出を実施している企業で、事業主掛金に追加して加入者本人が拠出する掛金のことをいいます。

 

マッチング拠出とは

事業主が拠出する掛金の範囲内で加入者本人も拠出できるというものです。加入者本人の拠出額は税務上、所得金額から控除されるため、節税のメリットを活用した積立となります。

 

小規模企業共済等掛金控除とは

小規模企業共済の掛金、個人型確定拠出年金の掛金、心身障害者扶養共済の掛金を支払った場合に受けることができる所得控除です。

 

 

2番。適切。

確定拠出年金は、運用中に発生する利息や収益分配金、売却益などの運用収益が非課税となります。(正しくは給付時まで課税繰り延べ)

 

 

3番。適切。

老齢給付金を年金として受給する場合は雑所得として公的年金等控除の対象となります。

公的年金等控除とは

雑所得を計算する際に、公的年金の収入額に応じて一定の金額を控除することができる所得控除です。

公的年金の収入額-公的年金控除額=雑所得となり、雑所得は総合課税なので他の所得と合算し、税額を算出します。

 

 

4番。不適切。

老齢給付金を一時金として受給する場合、その一時金は退職所得となり、分離課税となります。一時所得となって総合課税ではありません。

 

 

まとめ 

名前からして難しい確定拠出年金

掛金を運用し、運用実績によって老後の給付の額が決まり、掛金は控除されて、節税のメリットもあります。

しかし、運用実績が悪ければ老後の給付にも影響するデメリットも・・・。

 

年金なら雑所得、一時金なら退職所得、今回の○×はここがポイントでしたね。

おしまい!


にほんブログ村