「特別支給の老齢厚生年金 (FP2級)」

帰る前にもう1問行こかー!!

問題 

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級

2016年9月 学科 問4

特別支給の老齢厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.特別支給の老齢厚生年金が支給されるためには、老齢基礎年金の受給資格を満たし、厚生年金保険の被保険者期間が1ヵ月以上あることなどの要件を満たす必要がある。

 

2.特別支給の老齢厚生年金は、生年月日等に応じて支給開始年齢が順次引き上げられているが、最終的には廃止されることになっている。

 

3.特別支給の老齢厚生年金の受給権者が厚生年金保険の被保険者である場合、その者の総報酬月額相当額と基本月額との合計額が28万円を超えるときは、年金額の全部または一部が支給停止となる。

 

4.特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢が61歳から64歳とされている者で、かつ、当該年金の受給に必要な要件を満たしている60歳以上の者は、その支給開始年齢到達前に老齢厚生年金の繰上げ支給を請求することができる。

 

シンキングタ~イム。

 

 

 

 

 

答え 

1番。1番が不適切。

 

 

解説

1番。不適切。

特別支給の老齢厚生年金の受給資格は、厚生年金の被保険者期間が1年以上、老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていることです。

問題にある「1か月以上」は65歳からの本来支給の老齢厚生年金の受給資格の要件です。

 

 

2番。適切。

特別支給の老齢厚生年金は、生年月日等に応じられて受給開始年齢が順次引き上げられ、最終的には廃止されます。

特別支給の老齢厚生年金とは

昭和60年の法律改正で、厚生年金保険の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられました。一気に変更ではなく、段階的に引き上げていく為に作られたのが「特別支給の老齢厚生年金」の制度です。

男性の昭和16年4月1日以前生まれ、女性の昭和21年4月1日以前生まれは60歳から支給

男性の昭和36年4月2日以降生まれ、女性の昭和41年4月2日以降生まれは65歳から支給

と、20年かけて段階的に引き上げが行われています。

図がないとわかりずらいんで、こちらのサイトをどうぞ。

 

特別支給の老齢厚生年金について|日本年金機構

 

3番。適切。

65歳未満で受け取る老齢厚生年金は、基本月額と総報酬月額相当額の合計が28万を超える場合、在職老齢年金の仕組みにより、年金額の全部または一部が支給停止となります。

在職老齢年金の仕組みとは

厚生年金の保険料を納付しながら老齢厚生年金を受給するときに、給料と老齢厚生年金を合わせた額が一定額を超えると、年金の一部または全部が受給できなくなる仕組みです。(酷い仕組みだな)

 

 

4番。適切。

ちょっとむずいので、まずサイトから引用。

特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢が61歳~64歳で、かつ、受給要件を満たしている60歳以上の者は、支給開始年齢到達前に老齢厚生年金の繰上げ支給を請求可能です(年金額は月0.5%減額で、老齢基礎年金の同時繰上げが必要)。

これにより、60歳で定年退職後に再就職しなくても、年金を繰り上げて受給し、数年後に特別支給の老齢厚生年金も受給することが可能です。

結局、65歳からの本来の老齢厚生年金を繰り上げ受給しても、特別支給の老齢厚生年金は支払われる時期が来たら支払われる、っちゅー話ですかな?

繰り上げて受給した本来の老齢厚生年金の影響を受けて、老齢基礎年金のように同時に繰り上がるのではなく、特別支給の老齢厚生年金は受給時期に関して影響を受けない。ってことかな?

 

 

まとめ 

特別支給の老齢厚生年金について、もうちょい補足。

特別支給の老齢厚生年金の中身は報酬比例部分と定額部分に別れます。

報酬比例部分

年金額が加入期間中の報酬及び加入期間によって決まる。

定額部分

年金額が厚生年金の加入期間に応じて決まる部分であり、「生年月日による単価 × 加入月数 × 物価スライド率」で計算される。

 

やっぱ図がないと説明は難しいですね。説明以上にパソコンの操作も難しいので、図を持ってきて説明となると、もうお手上げです。

まぁ特別支給の老齢厚生年金の支給の生年月日を見ると、男性は昭和36年、女性は昭和41年以降に生まれた人は65歳からなので、そのうちテキストから消える内容なのか?でもあと15年くらいあるか?

おしまい!