読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「労働者災害補償保険(FP2級)」

さて昼休みを使ってもう一ついきますよ~。レッツトライ。

問題

ファイナンシャル・プランナー技能検定2級 

2016年9月 学科 問2

労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

1.労災保険の適用を受ける労働者には、雇用形態がアルバイトやパートタイマーである者は含まれない。

 

2.労災保険の適用事業所の事業主は、その営む事業の規模にかかわらず、労災保険の特別加入者の対象となる。

 

3.日本国内の継続事業を行う事業主から派遣されて海外で就業する者は、労災保険の特別加入者の対象となる。

 

4.労災保険の保険料を計算する際に用いる保険料率は、事業の種類にかかわらず、一定である。

 

シンキングタ~イム

 

 

 

 

 

 

答え

 

正解は3番。

 

解説

 

1番。これは×です。

労災はアルバイトやパートタイマーにも適用されます。

 

2番。これも×です。

事業規模にかかわらず・・・ここがダメです。事業主の場合、常時使用する労働者数が一定以下の場合になります。

 

3番。これが〇です。

海外の現地法人に派遣される場合、労災保険を適用するためには、事業主が派遣される人を海外派遣者として、特別加入させる必要があります。

 

4番。×です。

労災保険率は業種によって異なります。危険な仕事ほど保険率が高いということですね。

 

 

今回の問題を解くのに必要な知識は

「労災の適用範囲」

労災保険の特別加入」

労災保険率」

です。

その中でも、〇×に関係しているのは「労災保険の特別加入」に関する知識です。

 

労災保険の特別加入

労災保険は、労働者の災害に対する保護を本来の目的とする制度ですから、事業主や役員の方、従業員を雇わないで建設業や運送業をしている個人事業主の方(いわゆる一人親方)等の労働者ではない方々は、本来なら労災保険の対象とはなりません。

しかし、中小事業主、一人親方などの作業実態は、労働者と同様の作業を行なっている場合が多く、労災保険の保護の対象とするにふさわしい方々がいらっしゃいます。

そこで、これらの方々に対しても労災保険本来の建前を損なわない範囲で、特別に労災保険に加入することを認めて一定の要件を満たす災害について保険給付等を行なうこととしています。

これが、労災保険の特別加入制度」です。

特別加入には4種類あります。

①中小事業主  ②一人親方  ③特定作業従事者  ④海外派遣者

 

■特別加入の要件 

①雇用する労働者について労働保険関係が成立していること

②労働保険の事務処理を「労働保険事務組合」に事務委託していること

③中小事業主を含めて、当該事業の業務に従事する家族従業者など労働者以外の方全員を包括加入して加入手続きを行なうこと

④常時使用する労働者が一定以下であること

 業 種

労働者数 

 金融業、保険業、不動産業、小売業

常時50人以下 

 卸売業、サービス業

常時100人以下

 その他の業種

常時300人以下

継続して労働者を使用していない場合でも、一年間に100日以上にわたり労働者を使用している場合は、常時労働者を使用しているものとして取り扱われます。           

⑤建設業を行なう一人親方であること(大工、左官、とび職など)

⑥軽貨物自動車運送の業務を行なう一人親方であること

 

 

まとめ

 

労災保険の問題はそこまで出題頻度は高くありません。私が持っているテキストでは出題頻度率Cでした。

なんとな~く、中小事業主、一人親方、特定作業従事者、海外派遣者とかあったなぁ・・・くらいでいいかもしれませんね。

おしまい。

 

間違いあったらサーセンっす。勉強中なもんで・・・。


にほんブログ村