読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「FP技能検定3級を誰でも10日間で合格する方法」

 

ブログの可能性を模索するために、試験的に他のジャンルの記事も書いてみようと思います。思いました。思ったんですよ。試験的にね。

将来的なことも見据えて、文章をもっと書けなきゃいけないと思いましたし、独りよがりな記事書いてちゃアカンとも思いましたし。いろんなことができたほうが良いと思いましたし。

それくらい昨日はショックな文化の日でした。

なんか打たれ過ぎてパンチドランカーになってしまったようです。ドサッ

でも近くで叫んでくれる丹下団平もいませんし・・・。(こういうのがオナニー野郎なんだよな。やめろっつうの)

 

総合的に「書ける」ヤツになりたいと思ったんです。

資格関係の文章を書いて、それがどんな結果を生むのか実験です。カテゴリ―を増やして書いてみよう。(おー!)

 

  

なんの資格の話?FP技能士の話っす 

金融業界や保険業界に入った方が会社から取るように命じられる資格として、ファイナンシャルプランナー技能検定というものがあります。(以下FP)

FP3級の合格率ですが、、、60~70%と高いです。

回によっては80%を超えるときもあります。

「落ちようがない」と言う人もいますが、実際落ちている人もいます。

国家試験を難易度別に紹介するサイトなんかでは、FP3級は一番簡単な部類に属していますね。

しかし、私は思います。

「このサイトの難易度ランキングって、偏差値どのくらいの人を基準に簡単とか難しいとか言っているんだろう」

「たしかに公認会計士や税理士が難しいのはわかるけど、簡単って言われている資格はホントに簡単なの?誰目線で簡単なの?」

東大に行けるような頭のいい人が受ければ、どんな資格試験もそう難しく思わないでしょうし、あまり勉強に自信のない人が受ければ、どんな資格試験も難しく感じてしまうでしょう。

保険業界や金融業界に進んだ方々の偏差値からすると簡単な資格試験なのでしょうか。

でも、その業界以外の人も受ける!

実際はどんなものなのか、わたし気になります!(えるたそ~)

 

 

実際の難易度

ちなみに私の偏差値は50くらいだと自覚しています。おそらく人類のちょうど真ん中。頭が良いわけじゃないが、そこまでバカって感じでもない(ホント?)。ちょうど真ん中。偏差値50くらいです。

※実は私は偏差値を扱う仕事をしています※

そんな真ん中の私は今年の5月の試験で見事合格しましたが、そこまでチョー簡単って感じはしませんでした。

ってことはですよ?FP3級を「簡単♪簡単♪」って言ってる人は、頭の良い人なんじゃないか?

言っても国家資格ですよ?誰でも受かるような難易度な訳がない。そっつのほうがおがすい(なぁ母ちゃん!!)

 

「しっかりやれば受かる。舐めてかかると落ちる」

私が受けた印象はこれでした。

 

 

勉強法 

私が行った勉強法はズバリ・・・過去問を解く。(ズバァァン!!!!)

・・・普通ですね

試験の問題は6つの分野に別けられます。3級とはいえ範囲は広い。浅いですけどね。

だから、テキストだけを読んでいても、憶えきれないのです。(偏差値50の私は)

なので、過去問を徹底的に解いて、出題傾向を読もうと考えました。

実際、資格を取得している者が最低限知っていなきゃいけない知識ってあると思うんです。

その知識を問う問題は必ず出題しなければいけない問題になります。

そういう問題を抑えてしまえばこっちのものです。

では過去問を解くのに、過去問集などは必要か。

必要ありません

このブログがアフィリエイトなどの手法を使い、売りたい商材に誘導したいマンのブログであれば、単価の高い過去問集を紹介するんですが、あいにくこのブログは自己満ブログですので、そういうのはありません。

過去問のサイトで十分です

FP3級の過去問をクイズ形式で載せているサイトがあります。こちらですね。

kakomon-quiz.com

最初はこのサイトで繰り返し問題を解きました。間違えた問題を最後にチェックできるんですが、それをテキストで復習するというやり方ですね。

最初の1週間は、午前テキスト読んで、午後にこのサイトで過去問を解きました。(仕事はどうした)

次の1週間は、過去問を解説付きで実施日ごとに乗せているサイトで(こちらのサイトですね)

3級FP過去問解説(1級と2級も解説中!)〜ファイナンシャルプランナー資格の過去問を無料解説〜

その回ごとのテストで自分は合格するかどうかの腕試しを毎日行いました。これも間違えた問題はテキストでチェックです。

この2週間を終える頃には正答率90%を超えていました。

休みの日は勉強なんてしませんでしたから、実質10日間ですね。

 

 

試験当日 

試験前の私の心境は「こんなん余裕やん!絶対受かるやん!」でしたが、

実際受けてみると「・・・あれ?ちょっと難しくない?」でした。

みんな早々退席しちゃうし。

でも慌てないでください。自分との戦いなんですから。

結果は合格でしたが、試験後に「今回の試験は合格率低いはずだ!過去問より全然難しかったし!」

とワーワー騒いでましたが、協会のホームページを見たら例年とたいして変わっていませんでした・・・。

 

 

まとめ

簡単と言われているFP3級試験。偏差値おそらく50の私は無事合格しましたが、舐めてかかると火傷するぜって十分思える難易度でした。

 

そしてこれからのFPに関する記事は、自分が勉強した2級の範囲を詳しく解説し、生まれたての赤ちゃんでもこのブログを見れば、103万円の壁と130万円の壁の違いを説明できるようになることを目指して、本日はお終い。

 

 


にほんブログ村