読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「摩訶不思議な眠りの話」

おセンチ日記

こうやって毎日ブログの更新が再開されたところをみると、仕事が一段落したのかポケモンGOに飽きたのか。

疲れてないと夢を見るもので、そんなときに髭面のフロイト爺は寝ぼけ眼の僕にこう言う。

「夢の素材は記憶から引き出されている。意識的にではなく、無意識的にだ。一見すると乱雑な内容でも、無意識に基づいた統合性が備わっており、さまざまな出来事を一つの物語として連結させるものである。夢とは潜在的な願望を充足させるものであり、無意識による自己表現である」

 

 

 

「怖い話を再検証するコーナー」に出てくる地元の友人、K。彼は脳腫瘍を患い入院した。幸い悪性ではなかったため、腫瘍部分を切除して手術は無事成功したのだが、翌日からの入院生活で異変が起きた。毎朝の検温時に今日の日付を聞かれるのだが、それがいつしか全く正解しなくなったのである。脳をいじっているから有り得る話ではあるし、だからこそ検査の一環として看護師もそういう質問するのだろう。その日から自分の感覚とはズレた毎日が始まった。

毎日のリハビリを頑張れたのは、迷惑をかけている職場にいち早く復帰するためであり、両親や結婚を控えた彼女も心配しているからである。しかし一向に退院はできず、彼は定年の歳を迎えてしまう。会社から訪れた役員は「お世話になったKさんとまた仕事がしたかった」と最後まで復帰を望んでいた。Kも「迷惑ばかりかけて恩返しできずに終わってしまった」と頭を下げた。

病床で年老いていく毎日に絶望を感じ、それでも普通の日常を望むKにまた朝がやってきた。看護師が質問する。「今日は何月何日ですか?」

Kが答える。「〇月〇日です」

「正解です~。検温しますね~」

初めて正解したのである。自分の見る映像が光り輝いて、違う世界にきたような感覚の中、鏡を覗きこむと30歳の自分がそこにいた。

 

夢の中で30年間過ごしたKは、その後にリハビリを経て退院し、僕にこう言った。

「あの30年は長かった。毎日の献立だって憶えてるし、リハビリのメニューだって憶えてるよ。親も死んで見舞いだって誰も来なくなるしさぁ。今の状況に感謝だよ、まったく。こうして外を歩けるなんてね。」

 

 

夢の中で望んでいた普通の日常。フロイトの迷宮から生還し、現実の世界で日常をやっと手に入れたKは、本当に嬉しそうだった。

 

 

 

 

そして、夢の中でも献身的に看病してくれた彼女と、翌年の2月に結婚した。

 

 

 

f:id:nonryo:20160824114952j:plain