読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ観戦で欠かせないのが「野次」。これが今回のテーマ。

おセンチ日記

あたくし自身はスポーツ観戦に興味はないんです。なので、その会場内での「当たり前」が「当たり前」に感じないんですねぇ。一番違和感があるのが「野次」。これ当たり前にみんなやってますけど、凄いことですよね。

選手、相手サポーター、近くに座ってる人間。誰でも標的になるんです。ちなみに会社の上司が見た光景としては

野球場でファールボールを取った中年男性がいたんですね。近くにいた女の子も取ろうとしたけどダメでした。そしたら後ろの客が「女の子に渡せやー!!」

これ怖い世界ですよ。手元に転がってきたボール拾っただけで責められる。恐ろしいですよ。

その後、中年男性が女の子にボールを渡そうとすると女の子は首を振って「いらない」と。これは怖い。中年男性は嫌な気分。女の子も野次の後で嫌々渡されるボールなんていらないから嫌な気分。野次さえなければ・・・。と、こうなるのです。

 

選手や監督も言われますよね。「ピッチャー変えろー!!」だの「交代しろー!!」だの。これなんでタメ口なんでしょうね。普通に考えたら家族でも友達でもない相手には敬語ですよね。ファミレスで厨房に向かって「おしぼり変えろー!!」って叫んでたら完全頭おかしい人間ですよね。それが球場内ではオーケー。

 

提案なんですが、大きな声を出すのは百歩譲って良しとして(特別よ?)、言葉を敬語にしたらいいんではないでしょうか。

「ピッチャー変えてくださーい!!」

「交代してくださーい!!」

「ふざけないでくださーい!!」

想像すると紳士の集まりのようで素晴らしい世界ですよね。

 

サポーター同士の暴力事件なんかも問題になってますよね。海外では死人が出たり。これ最初に

「てめーんとこの選手が先にやったんだろーが!ふざけんじゃねーぞ!」が

「そちらの選手がタックルするのが悪いんです!どうお考えですか?!」

で大分変ると思うんですがねぇ。たぶん死人は出ないよね。

 

まぁ大抵の人は野次なんて飛ばさないのは知ってます。そしてくだらない屁理屈言ってる32歳がここにいることも知ってます