読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖い話

「死神を使って復讐を試みた話」

死神っていると思いますか? 洒落怖なんか見てると、真っ黒い影だったり、マントを被った骸骨だったり、病室のベッドを覗き込むおばさんだったり、サラリーマンだったり、目撃例は結構多いですよね。 GさんファミリーのS君が教えてくれた死神は凄かったよ。 …

「暗闇の中で部屋の電気をつけようと壁のスイッチを探している2~3秒の間の怖い話」

本日は前の職場の協さんの話。 協さんは新人の自分の教育係でした。 最初の1年は常に協さんの後ろをついて回り、たくさんのことを学ばせてもらいました。 綺麗なお客さんや露出が激しいお客さんが来店すると、すぐに内線で他の社員と情報を共有し、そのお客…

「友達の家は呪怨の家」

たびたびこのブログに登場する霊感少年のウズラ。 うちから歩いて15分くらいの場所に家があります。 過去に書きましたが、こんな霊現象が起こる家です。 ↓昔はKと表記していました。最近ウズラに改名しました。 foofighter.hatenablog.com なぜにこんなに…

「長男は大人になって幽霊が見えなくなったのに、三男は今も実は見えていた話」

なんか嘔吐下痢から復活したら、ブログの更新が凄い億劫になってしまいました。 ブームが去ってしまったのでしょうか。 でも、先人が言ってました。 「ブームはムーブ」って。 兄貴の子供達が体験した怖い話を紹介しましょう。 長男のT。こいつは今年19歳…

「Gさんの怖い話 その2 (他の怖い話が思い出せなくて書いたけど、あんまし載せたくない。突拍子もないぶっ飛んだウソみたいな話だから)」

Gさんの怖い話はぶっ飛んでいて、あんまし載せたくないんですが、本日の怖い話が決まらないので、しょうがないけども今日もGさんの怖い話を載せます。 全部ウソだと思って暇な人だけ見てください。 Gさんには霊感はないんですが、Gさんのお母さんは霊感が強…

「近くの山で落ち武者の霊を同級生の弟が見たら、山の反対側でも落ち武者の霊を友達が見た話」

私が住んでいる場所の近くには山がありましてね。 そうそう、怖い話を再検証するコーナーの↓の舞台となった山なんですが。 foofighter.hatenablog.com この山の途中で学区が分かれているんで、山のふもとから登校してくる友達もいたんですね。 んで、この山…

「母方実家の従姉妹が小さい頃に見えていた幽霊の話」

母方の実家の従姉妹の話です。 母方の実家といったらこのブログで毎回出てくるお化け屋敷なんですが、そこで暮らしている従姉妹の小さい頃の話です。 今は建て替えて新しい綺麗な家なんですが、昔は古くて怖かったんです。 茶の間の横に廊下が走っていて、廊…

「日本三景 松島にある赤い橋で体験した怖い話」

日本三景の一つ、松島。 松島には縁切り橋、出会い橋、透かし橋、と3つの赤い橋があります。 詳しく知りたい方は写真入りで紹介しているこちらサイトを見てもらうとして 松島の縁結び3つの橋と寺院 | WebWeb仙台 この赤い橋で幽霊を見た人を知っています。…

「うちの兄貴の怖い話」

うちの兄貴はお調子者で優しくて、若干ダラしない人なんですが、嘘か誠か「幽霊が見えていた」時期があったそうです。 それは15~20歳くらいの時期だと言っていました。 思春期から来るアレなのか何なのかわかりませんが、霊感がビンビンに高まっていた…

「うちの母ちゃんが体験した怖い話。短いの3連発」

今回はうちの母ちゃんの話。 母ちゃんの実家は、このブログの怖い話にちょくちょく出てくる霊感一家です。 蛇にとり憑かれた話はこちら。 foofighter.hatenablog.com 私が生首を見たのもこの家。話はこちら。 foofighter.hatenablog.com 婆ちゃんの葬式で起…

「S主任の家の怖い話 短いの3つ」

S家の怖い話3連発。 最初はS主任のお兄さん。ライターの話に出てきましたね。 foofighter.hatenablog.com お兄さんが撮った写真で不思議なものがありました。携帯で撮った写メなんですが、家族団らんを写したその写真にはテレビも写っていました。そのテレ…

「Gさんの怖い話」

10年前にブログで知り合ったGさん。この方のブログは凄かった。この方に霊感はないんだけど、この方の周りの人々が本当に凄かった。 この方の怖い話は強烈で、話を聞くと 「2ちゃんの創作っぽいのもありえる話なんじゃないか?」 って思えるくらい、それ…

「世界一のお化け屋敷 ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」

ウィンチェスター・ミステリー・ハウスは世界で最も奇妙な建物といわれている。アメリカ、カリフォルニア州サンノゼにある屋敷は、160室の部屋、約1万枚の窓、960戸のドア、40本の階段、47個の暖炉が点在する。 アメリカでは広大な土地に建つ豪邸…

「SOSで助かった夫婦がニュースになってましたが、思い出したのでオカルト関連のSOSもどうぞ」

headlines.yahoo.co.jp 太平洋(Pacific Ocean)の島しょ国ミクロネシア連邦のチューク(Chuuk)州の無人島に漂着していた夫婦2人が救助された。発見の決め手となったのは砂浜に書かれた「SOS」の文字だった。 「SOS」関連で思い出したオカルトをご紹介。 SO…

「怖い話を再検証するコーナー 第8回(2階に潜むモノ)

ポケモンGOに飽きてきたので久々に。 2階に潜むモノ 今から15年前。高3の冬ですね。モテない僕らは独り身だけのクリスマスパーティーを開いたのです。僕の家で。メンバーは、 foofighter.hatenablog.com で登場した地元の仲間です。霊感少年Kもいました…

「たまには怖い話」

上司の家に幽霊出るんだよね。前もどっかで話したと思うんだけど。茶の間と台所の境目のくぼみのスペースに知らないおっさんが現れる。そのおっさんが現れると身内に不幸が起こる。パチスロでいうところの本前兆ですわな。あーコレおっさん現れたからボーナ…

「手術の怖い話」

1ヶ月振りでございます。取締役の怖い話。先日75歳の母親の肝臓の手術がありました。無事終わり、麻酔から目覚めて母親が言いました。「いや~簡単な手術だったねぇ。私の周りを先生と看護婦さんが囲んで手を合わせてくれるだけで済んだんだもんねぇ。み…

「さぁ!!怖い話ですよ!!いや怖くない!!少し不思議なだけ!!」な話

オカルトブログっぽく不思議な話でもしますか。 この前お盆でしたよね。姉ちゃんが不思議な体験をしましてね。夢で婆ちゃんの夢見たんですね。4月に亡くなった婆ちゃん。起きたら肩が痛いくらい重い。これは婆ちゃんだなぁと思ったそうです。お墓参りに行く…