読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「FP2級の勉強に疲れた男の話」

FPの勉強も頭が悪すぎてパンクしそうなんで、少しオカルトに逃げますが、昔から人は天変地異などの厄災に対しても原因があるとし、人外の存在を造ることで、なんとか気持ちのやり場を作ってきました。 時には祈りを捧げ、時には生贄を捧げ・・・。 神や化け…

「運の総量も決まっているし、運命も大筋で決まっている。(Gさん話)」

人の運の総量は決まっているといわれています。 人は頭の上に運の壷を乗っけていて、その壷に入る分しか運は溜まらない。 それ以上の運はダラダラと流れ落ちるだけみたいです。 あっざいます。 チン・マン彦です。 ↑のような発言をすると、 「うわ!こいつ電…

「FP技能検定3級を誰でも10日間で合格する方法」

ブログの可能性を模索するために、試験的に他のジャンルの記事も書いてみようと思います。思いました。思ったんですよ。試験的にね。 将来的なことも見据えて、文章をもっと書けなきゃいけないと思いましたし、独りよがりな記事書いてちゃアカンとも思いまし…

「まったくの嘘っぱち!世界四大文明説」

歴史の教科書に必ず出てくるのが「世界四大文明」 メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明をさす言葉である。 しかし、この四大文明という考え方は考古学界では完全に否定されている。科学的調査がなかった100年前ならいざ知らず、現在…

「世界一のお化け屋敷 ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」

ウィンチェスター・ミステリー・ハウスは世界で最も奇妙な建物といわれている。アメリカ、カリフォルニア州サンノゼにある屋敷は、160室の部屋、約1万枚の窓、960戸のドア、40本の階段、47個の暖炉が点在する。 アメリカでは広大な土地に建つ豪邸…

「SOSで助かった夫婦がニュースになってましたが、思い出したのでオカルト関連のSOSもどうぞ」

headlines.yahoo.co.jp 太平洋(Pacific Ocean)の島しょ国ミクロネシア連邦のチューク(Chuuk)州の無人島に漂着していた夫婦2人が救助された。発見の決め手となったのは砂浜に書かれた「SOS」の文字だった。 「SOS」関連で思い出したオカルトをご紹介。 SO…

「夏の終わりに思い出す、懐かしくてほろ苦くて、ちょっとセンチなオカルト話」

心霊現象なんてものはただの勘違いが9割で、オカルトは残りの1割にロマンを感じる娯楽でしかないとは思っていても、残りの1割が自分に降りかかるんじゃないかとビクビクできるあたり、娯楽としてはかなりの高みにあるんではないかと思う。 中学時代の夏の…

「邪視の正体はスワンプモンスター?」

邪視はご存じですか?洒落怖で有名な話ですよね。 知らない方はこちら http://syarecowa.moo.jp/186/53.html 邪視の見た目の特徴として ツルツルの頭部。 色が白い。 鼻も口のあるが、眉毛がない。 目が眉間のところに縦に一つだけついている。 この姿を想像…

「多重人格者 ビリー・ミリガン」

24人の人格を持つ男、ビリー・ミリガン。彼は3人の女性に対する連続強姦、及び強盗の容疑で逮捕されました。ビリーの担当弁護士のジュディ・スティーブンスは接見を通して彼の異常性に気付きます。結果、ビリーの中に23人(後に1人追加)の人格がいる…

「オカルト的少子高齢化現象」

オカルト人口の少子高齢化も懸念されてますが、現実世界の少子高齢化をオカルト目線で解決できたので報告します。発端は、江原さん好きの取締役が「江原さん良いこと言うんだよぉ。この世が一番の地獄で、あの世は極楽なんだってさ。まだあの世に行けない自…

「オカルト的縄張りと対処法」

「スターウォーズ!スターウォーズ!タマ金スカイウォーカー!タマ金でねぇ、空を歩くんだよぉ!」と会社でふざけていたら、後輩君に聞かれました。「トイレに幽霊っているんですか?」お答えしましょう。まずトイレに恐怖を感じるのは2つ要因があります。…

「オカルト的ダイエット」

そもそも何がオカルトだ?って言われたら完全に指摘通りなんですが、言ってみればあたくしの話なんて科学的根拠のない眉唾物なわけで、科学が到達できない分野に申し訳なく間借りしてる図式でございます。だからあたくしのblogは全てオカルト。それを踏まえ…

「悟りを開く方法」

悟りを開いた方ってたまに現れますよね。宗教団体のトップなんかはみんな自称悟ったメンですよね。あたくしも人生教の教祖ですから、やっぱり悟ってるわけです。あたくしの場合は産まれた瞬間に悟りましたね。お腹の中で臍の緒が首に二重に巻き付いて出れま…

「ギャンブル中毒の心を救いましょう」

考え方によって何でも前向きにできるもんです。えぇえぇ。パチンコなんかもそうですよね。まぁ行けば負けるわけですよ。パチンコ屋が経営できてんだから、パチンコ屋が勝つようにできてるんです。本日は↑の勝ち負けの話で救われますか?私、人生教の教祖、チ…

「偉人韮澤列伝」

ではご覧いただいて youtu.be 昔は大槻教授のことを「邪魔くせぇジジイだなぁ」って思ってましたが、今になって観ると、「グッジョブ!」だよね。オレら国民がテレビの前でツッコみたいこと言ってくれてるよね。おもしろいよね~。 昔はオカルト肯定派でした…

「教科書の深い闇」

ずいぶん前に水曜日のダウンタウンで理科室の人体模型の闇を特集してましたね。授業で使わないのに必ず理科室にある。購入費を全国の学校の数から考えるに何億円以上になるとかなんとか。。。どこの学校も取材拒否。完全に真っ黒。お金が文科省に流れてるの…

「オカルト番組論」

オレがオカルト番組とか見るの好きなのお義母さん知ってんのね。んで日曜もあったっしょ。オカルト番組。その話を日中に子供としてたら 「お父さん怖がりのくせにね~」 って言うんだよね。子供に対して。 ん???ちょい待ちーな。 まずいつから怖がりキャ…

「世界の何だコレ?ミステリー 」

さぁ見ましたか?それに合わせて子供の風呂と晩飯と次の日の弁当と屋敷の掃除を終わらせて(サザエさんのじゃんけんも忘れない)テレビの前に滑り込んだ32歳です。 で、いざ書こうと思ったんだけど、何も憶えていない。なんか奥さんにウンチク語ってたかな…

「パイパニズム」

本日新しい言葉が誕生しました。 パイパニズム。 何の生産性もない、不毛な議論、不毛なやり取り。 いつからか産まれた国民に愛されるしょうもない時間。 まさにパイパニズム。

「混ぜるな危険」

昼に昔のオカルト番組を見ていたんですよ。心霊スポットに行った二人に霊が取りついて、それを下ヨシ子率いる六水院の方々が浄霊するっていう内容。 名前を言わすんだね。外国みたいに。んで一人は「あけみ」って答えて、もう一人のほうにも名前言わせたら「…

「写っちゃった映像グランプリ」

写っちゃった映像グランプリ見ましたでしょうか。 最初の一時間は心霊やってまいしたが、これが酷い有様でしたね。(後半はもっと酷い) 天井かなんか撮ってたら女の人が写ってね。顔が真っ青で白い服着て。うちの娘は「ひ~!!」言うてましたがね。よ~く…